総務省登録修理業者

総務省登録修理業者
総務省 電波法公表ページ >>

総務省「登録修理業者」制度とは?

iPhoneなどのスマートフォン端末の修理を依頼する場合、
これまではメーカーに修理を依頼することが一般的でしたが、スマートフォンが急速に普及したこと等によって、近年では第三者修理と呼ばれるメーカー以外の修理業者等で修理する機会も増えてきました。

一方、第三者によって修理されたスマートフォン端末は、その性能が法律(電波法・電気通信事業法)に定められた技術基準に適合しているか否か不明瞭である等の懸念事項されていました。

このような懸念点を解消すべく、総務省は、修理の箇所および修理の方法が適正で、修理後の端末が技術基準に適合していることを修理業者自らが確認できるなど、法律で定められた基準に適合する場合には、総務大臣の登録を受けることを可能とする制度を導入しました。これが「登録修理業者制度」です。

この制度の導入によって、お客様は安心して修理を任せられる修理店を自身で判別できるようになり、違法な部品を使用している業者であったり、正しい手順・技術に則った修理を行わない業者による被害を減らし、適正な携帯電話端末等の修理の促進が期待されています。

登録修理業者以外で修理するのは違法?

登録修理業者以外で修理すると違法なの?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。
厳密には直ちに違法という訳ではありません。
しかし、登録修理業者は、国の定める厳しい審査基準をクリアした修理店であり、その審査基準は厳正且つ多岐に渡るため、修理に使用する部品、修理の手順や方法、修理後の電波への影響など様々な情報を総務省に提出しています。

これに対して、登録修理業者以外の修理業者は上記を行っておりませんので、修理に使用するパーツの品質、修理の方法などが明確に示されていない修理業者ということになり、このような業者に修理を依頼したお客様にも不安が残ってしまいます。

スマートクールでは、お客様への安心感に繋がる制度と捉え、全店にて登録修理業者制度に登録していく所存です。

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら